住宅購入カウンセラーのファイナンシャルプランナー(FP)が
第三者の立場で、茨城県内の住宅ローン・住宅ローン借り換え・住宅購入相談など

「正しいお家の買い方」
教えます。

石塚 安代
住宅購入カウンセラー
ファイナンシャルプランナー(FP)

【無料】失敗しない住宅購入セミナー

茨城県エリアでの住宅購入や住宅ローンで
こんな不安疑問をお持ちではありませんか?

  • 住宅購入や住宅ローンについてどこに相談して良いか分からない
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

facebookinstagram

ファイナンシャルプランナー(FP)がこのようなお悩みを全て解決します!

住宅購入に関するお悩みを、直接、住宅購入の専門家に無料で相談できる
“コンシェルジュ”のようなサービスを受けられる場所です。

人生で最も大きな買い物、それが住宅購入です。
しかし、これだけ大きな金額をかけるにもかかわらず、「正しいお家の買い方」を伝えられる住宅購入・住宅ローンの専門家がいない。

ご相談者様の知識不足が原因のローン破産や住宅会社とのミスマッチを根絶するために「おうちの買い方相談室」は生まれました。

おうちの買い方相談室相談するメリット

メリット1住宅ローンについて相談できる

住宅会社でも、住宅ローン借り入れ可能額を年収から換算して、いくらの住宅なら購入可能かをアドバイスしてくれます。
しかし、これからマイホームを手に入れたいと考える皆さまは、いくらまでなら住宅ロ-ンを借りることが出来るのかではなく、いくらなら無理なく返済していくことが出来るのかをお知りになりたいのはないでしょうか?

おうちの買い方相談室つくば店は、住宅ローン専門のファイナンシャルプランナー(FP)が、住宅ローン適正額を、総合的にアドバイスをします。
住宅ローンを申し込む時には、住宅関連の費用だけに注目するのではなく、家計のお金の流れを明確にする必要があります。住宅会社には相談しにくい個人的なご事情も、ファイナンシャルプランナー(FP)でしたら相談しやすいのではないでしょうか?

メリット2住宅購入について相談できる

住宅会社の営業マンは、ご相談者様のご希望を最大限に実現するために動いてくれます。しかし、自社の住宅を売ることがお仕事ですので、他社の住宅の良いところはなかなか教えてくれません。住宅のような大きな買い物をするときは、第三者の立場で、正確な判断をしてくれる人のアドバイスを受け、複数の物件を比較し、じっくり検討してから決断をすることをお勧めします。

おうちの買い方相談室つくば店では、住宅購入の専門家である一般社団法人 住宅購入支援協会 認定の住宅購入カウンセラーが、ご相談者様に最良の住宅を選んでいただけるように、予算や、ご希望の立地条件、家族構成、将来の希望なども伺い、注文住宅か建売住宅か、戸建かマンションか、どのようなタイプが適しているのかアドバイスいたします。
住宅会社や不動産会社ではありませんので、売り込みは一切ありません。ご相談者様の予算やお好みデザイン、工法などを踏まえて最適な企業をご紹介させていただきますのでミスマッチは激減します。

おうちの買い方相談室では、住宅ローンの相談、住宅購入の相談、両方について相談できる専門家が、直接対応します。

おうちの買い方相談室の、住宅購入カウンセラー(ファイナンシャルプランナー・FP)は、住宅購入資金(住宅ローン)のことだけでなく、教育資金・老後資金のことも含めたライフプランシミュレーションを作成致します。

LIFEPLAN

住宅購入事例1住宅購入を希望のご相談者様のライフプランシミュレーションの提案

Aさん 35歳 妻 子供2人(茨城県つくば市)

3500万円のマイホーム購入を希望されていたがライフプランが赤字となり家計の見直しを行いました。

世帯年収 550万円
頭金 80万円
希望物件の金額 3,500万円

見直し前

収入
手取り40万円
支出
家賃10万円
生活費18万円
マイカーローン3万円
生命保険5万円
教育費3万円
貯蓄1万円

見直し後

収入
手取り40万円
支出
家賃10万円
生活費18万円
マイカーローン完済
生命保険2万円
教育費3万円
貯蓄7万円

生命保険で住宅ローンより利率の悪い保険を見直してマイカーローンを一括返済
増えた貯蓄の一部を住宅ローンに組み入れることで
ライフプランが改善され3500万円のマイホームを安心して購入できるようになりました。

住宅購入事例2適正な住宅購入金額で、ご希望に沿った物件をご紹介したケース

Bさん(茨城県土浦市)

地元の不動産会社に行ったところ、想定していた予算と異なる金額の物件を紹介されました。

不安に感じたBさんは、ファイナンシャルプランナー(FP)に適正価格と、ローン返済計画について相談。

ライフプランシミュレーションを作成し、ローンの適正金額も算出。
実際には、3,500万円が適正だということがわかりました。

信頼できる不動産会社の紹介を受け、3,480万円の理想通りのマイホームを購入。
しかも、住宅ローンを無理なく返済していくこともでき、
安心して暮らしていけるとお喜びいただきました。

もっと見る

VOICE

決まった後も支払いのことや
税金のこともすべてアドバイスをもらえました!

(K様)

中古の家を購入したいと考えていたのですが、何をすればいいかまったく分からずでした。
友人からの紹介でおうちの買い方相談室に行きましたが、担当の方からどのように進めればい... 続きを読む

悔やむのは「もっと早くに相談すればよかった・・・」
ということのみ!

(S様)

家づくりを満足したものにするため、相談室に行きました。
まずはライフプランをして家や土地の代案を出してもらい、その後、住宅会社さんの検討と土... 続きを読む

もっと見る

COLUMN

疫病流行と時代転換

コロナウイルス感染が猛威を振るい、世界中に拡散しております。
その勢いは3月現在、収束を見せる気配はありません。
日本史を紐解くと、疫病の流行により世の中が混乱し、その終息と共に時代の転換点になった例はいくつもありました。
世界的にも、人の外出や移動が制限されることにより、経済活動が停滞し、消費マインドも冷え込むと予想されます。
日本では、従来からのデフレ状況が一層深刻化する懸念があります。
特に飲食業やレジャー産業なども休業や来店客の大幅な減少により大打撃を受けており、この状態が長期化すれば多数の会社が倒産するリスクが増大すると予想されます。
しかしながら、この感染もいつかは必ず終息するので、その後の世界を想像しその備えをしておく事が重要です。
その備えの有無が、その後の人生の大きな分岐点になることは必至です。
正に「先を読む力」が各人に問われているのではないでしょうか?
「パラダイムシフト」は今確実に起きています。

住宅ローンの審査について

住宅ローンの審査では、本人の年収や住宅ローンとの返済比率だけではなく様々なチェックポイントがあります。

  1. 税込みの年収額、勤続年数、職業、会社の規模(上場企業等)
    将来にわたっての返済能力を審査されます。
  2. 配偶者の有無(家族構成)
    配偶者も働いている場合には、その年収も聞かれる場合もあるようです。
  3. 年齢
    ローン期間の重要な判断材料になります。
  4. 健康状態
    団体信用生命保険の加入を条件としていることがほとんどです。一般の生命保険と比べて健康状態についての告知の項目は少ないそうなのですが、病歴等で問題があり、加入できない場合は住宅ローンの借り入れができない可能性もありますので、注意が必要です。
  5. 物件の価値
    購入物件の担保評価を判断します。住宅ローン金額の妥当性の判断に影響があります。
  6. その他のローン
    消費者金融での借金やクレジットカードのローンだけでなく、携帯電話の本体部分のローン、教育ローン、車ローン、奨学金の返済なども審査では報告が必要になります。

ブラックリストに載っていないか、延滞が無いかなどの個人の信用度も大きな判断材料になります。
住宅ローンは30年、35年など長期に渡る資金繰りを考えなければなりませんので、「今どういう状況か」と同時に「将来どうなるか」を慎重に考えなければならないのです。

将来の支出
  1. 教育資金・車購入資金
    この2点は、大きな支出になりますので、将来予測を立てておくことが必要です。
    教育資金は、お子様だけでなく、ご自身での資格取得を考えていたら資金計画に入れておく必要があります。
    車の買い替え時期や予算も将来支出として計算しておきましょう。
  2. 修繕費
    戸建て住宅や分譲マンションを購入後、10年後、20年後に修繕が必要となります。特にマンションの場合は、月々の住宅ローン返済額のほかに管理費や修繕費などが月々に発生することもあります。管理費などは年々増加する傾向があるので注意が必要です。又、天災などで思わぬ本格的な修繕をする必要があるときには、まとまった費用が必要となる可能性もあります。
    一般的な数値でよいので把握しておきましょう。
  3. 不動産取得税、固定資産税・都市計画税
    不動産取得税は、住宅購入や、新築・増築したときに課税される税金です。
    固定資産税・都市計画税は毎年1月1日時点の所有者に向けて、4月ごろに納税通知書が送られます。

ファインナンシャルプランナー(FP)は、ご相談者の年齢、家族構成、趣味、ライフスタイルなど細かくお伺いして、ライフプランシミュレーションを作成します。
金融や住宅ローン、保険などお金に関する知識を持っているいわば「お金のプロ」ファインナンシャルプランナー(FP)に相談をすることで見えてくる問題点もあり、早期に対策を立てることが出来ます。
人生設計は、金融機関等での融資相談窓口や、数字上の計算だけでは測りきれません。
住宅は「人生の中で最大の買い物」と言われております。
ご家族のご希望を最大限反映して、将来の「教育資金」や「老後資金」にも不安も残さないように、事前にプロに相談することが大切です。

もっと見る

FAQ

Q.

ファイナンシャルプランナー(FP)への相談は無料なのですか?

A.

カウンセリング、ローンの適正金額算出やライフプランシミュレーションの作成まで全て無料となっておりますので、お気軽にご相談ください。

Q.

茨城県つくば市に住んでいないと無料相談を受ける事は出来ませんか?

A.

ご安心ください。つくば市以外にお住まいでもご相談可能です。
茨城県はもとより近隣の千葉県、埼玉県、東京都に在住の方からのご相談も多数受けておりますので、お気軽にご相談ください。

Q.

お家を買うには、まずなにをすればいいの?

A.

まず住宅購入を検討する前に将来のライフプランを立てることが大切です。
人生の中には住宅以外、教育資金、老後資金等も大きく関わってきます。
住宅は一生で一番大きな買い物ですので、後になって失敗したでは取り返しがつかないですからね。

Q.

頭金は必ずいるの?

A.

「頭金」を「入れたほうが良いか」「入れないほうが良いか」については、購入者の年収や、年齢、借入金額や期間等によって変わります。ライフプランシミュレーションでぜひ検証してみましょう。

Q.

中古住宅・中古マンションってどうなの?

A.

マイホームを取得する方法の一つとして新築ではなく中古物件を購入し、リノベーションする方も増えています。
リノベーションすることにより、思い描いた間取りやお家に近づけることもでき、新築よりも価格も抑えられます。
中古だから良いとか悪いとかではなく、住む人にとって立地や環境、家族とどんな生活をしていきたいか?が大事です。

もっと見る

PAGETOP