ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagramYouTube

COLUMN

日本においては、1980年代のバブル崩壊から長期間に渡りデフレ状態が続きました。
経済指標である日経平均も3万8,957円をピークに下落し、世間一般ではもう2度と3万円はつけないとも言われていたところ、2021年3月に30年ぶりに3万円台を回復しました。
この1~2年は世界的なコロナ感染により、世界経済が停滞しその対策として各国政府は未曽有の財政政策で経済活動の支援を行っております。そうした状況下においてワクチン接種の普及もあり、米国や中国をはじめとして経済の立ち直りの兆しもみえております。
その一つの指標として、米国10年債利回りがあります。
これは、米国の長期的な景気の動向を示す指標で、今後の景気が良くなり将来の金利上昇が予想されると、現在の債券価格が下落するので利回りは上昇します。この利回りが直近で1.75%を付けました。
これは、今後の米国景気が予想外に過熱し、インフレ懸念によるものだと考えられます。
FRBは「当面は政策金利の引き上げをしない」としておりますがそれも景気次第で政策は当然変更されます。
この影響は、一部の新興国にあらわれており米国の金利上昇すれば
各国との為替レートでドル高が進み、新興国の物価上昇を招くというものです。
日本は新興国ではありませんが、その影響は勿論受けます。
ドル高=円安が続けば物価は上昇し、その時には日銀は現在の政策金利を引き上げざるを得なくなります。最悪の場合には景気が悪いのに、物価が上がるという「スタグフレーション」になりかねません。
それに加えて、日本政府の政府債務残高(=借金)が気になります。
第二次世界大戦後においては名目GDP比204%でしたが、現在はそれよりも多い266%になっております。
この数字は先進国で最悪で、米国の133%の約2倍となっています。
前回の政府債務残高(=借金)は、大幅な物価上昇(=ハイパーインフレ)によって解消されました。
1944年(昭和19年)から1951年(昭和26年)の6年間で消費者物価が約180倍になりました。
(例:1パック200円の卵が36,000円に)
つまり「円」の価値を下げることで、政府はその借金を返済したことになります。
日本が今回このような状況になる確率は非常に低いと思いますが、もし起きてしまった場合には対策をしていないと「円」の価値がなくなり破産してしまいます。
その対策のひとつとして考えられるのは、「円」ではなく「外貨」を保有することです。
その中でも世界の基軸通貨である「米ドル」で資産を持つことです。現在の円と米ドルの為替レートは1ドル=108円ですが、108万円を米ドルに替えると1万ドルになります。
将来、ハイパーインフレで1ドル=1000円になった場合にこの1万ドルを円に替えると1万ドル=1,000万円になり、日本国内の物価が仮に10倍になったとしても、108万円が1,000万円になっているので対策が取れます。つまり「円」の価値がハイパーインフレで大幅に下落しても「米ドル」によって資産価値の劣化を防ぐことが出来ます。
特に多額の住宅ローンを借り入れている場合は、この対策の有無で
「ローン完済」か「ローン破産」の分かれ道になります。
これから住宅購入を検討されている方や住宅ローン返済中の方は住宅購入診断士の資格を持つファイナンシャルプランナーに是非相談して下さい。

この記事を読んだ人は、こちらの記事にも興味を持っています。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • リフォームをしたいが良いリフォーム会社を知らない
  • 自分たちには新築マンションと中古マンションのどちらが適切か
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP