ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagramYouTube

COLUMN

住宅購入する場合の重要な項目のひとつに住宅ローンがあります。
住宅ローンは金融機関の審査を受けて初めて利用することが出来ます。ではその「審査」とはどのようなものでしょうか?
「審査」には、「書類審査」と「健康審査」の2種類あります。
まず「書類審査」ですが2段階で受けることになります。

  1. 事前審査(仮審査)
  2. 本審査(本申込)

のふたつです。

  1. 事前審査とは、住宅購入の検討段階で、簡単な質問に答える審査内容で大まかな借入れ可能額について算出します。
  2. 本審査とは、住宅購入計画が進展し、具体的な資金計画の段階に入ったタイミングで行われ、最終的な借入れ額が決まります。

ここで問題になるのが、事前審査で承認されたものが本審査では承認されないといった場合です。
それは、住宅ローンの返済能力に係る問題になるので、その「収入」の確認の仕方が本審査では変わるからです。
事前審査では、源泉徴収票のみの確認ですが、本審査ではこれに加えて納税証明書の2つで確認をします。
仮に、この2つの内容に相違がある場合には本審査は通らないことになります。
次に「健康審査」です。
金融機関では、「本審査」で住宅ローンを実行する場合には「団体信用保険」への加入は基本的に必須条件となります。(例外もあります)
この加入の為には、借入れ当事者(債務者)の健康上の「告知」が必要で、場合によってはそのことが原因で審査が通らないことがあります。
このような点について問題がある場合には事前の対策を取る必要があります。
それではどのような対策を取ればよいかをお悩みの方は、住宅購入診断士の資格を持つ「おうちの買い方相談室つくば店」のファイナンシャルプランナーに是非ご相談下さい。

茨城県のエリアで住宅購入、リノベーション、住宅ローンの見直し…等を検討されている方ならどなたでも無料でご相談頂けます。【オンライン相談対応】

この記事を読んだ人は、こちらの記事にも興味を持っています。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 住宅購入で「土地」と「住宅」どちらを優先するのか?
  • 転職や地元にUターンするかも知れない
  • 店舗併用住宅や賃貸併用住宅を建てたい
  • リノベーションされた戸建てを購入したい
  • リノベーションについて相談したい
  • 子どもの学区と住宅購入を両立させたい
  • 住宅購入や住宅ローンについてどこに相談して良いか分からない
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料FP相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP