ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagramYouTube

COLUMN

世界のコロナ感染も各国でピークアウトしてきておりますが、地政学リスクとしてウクライナ問題が発生し、脱炭素社会実現に向けた過渡期の中において原油価格を始め原材料価格が高騰しております。
このことは、米国を始めとする世界的な景気回復期には、インフレーションが懸念され、特にFRBでは今後5回~7回の政策金利の引き上げが予定されております。
一方日本ではバブル崩壊から約30年間デフレ経済が継続し、超低金利時代が続いておりますが、今回のコロナ感染によるパンデミックは「情報型・非接触型社会」の新しい社会を到来させ、明らかに時代が変わりました。
過去を振り返ると、世界的な金利水準は紀元前3000年には短期金利が20%(日経新聞2021年8月24日)との報道もあり、その後の短期金利の変遷では概ね3%から6%の間に収斂しております。
しかし、現在のゼロ金利時代は過去において遡ること今から92年前の1930年の世界大恐慌時の1回だけで、今後の短期金利を予想するには、その世界大恐慌からの金利動向が非常に参考になります。
それは、1930年のゼロ金利はその後急騰し1965年過ぎには最高15%を超える水準にまで達しております。
「異常なゼロ金利は異常な高金利を経てから正常化に向かう」と考えます。

(=振り子が静止している状態は通常値と考えるならば一旦大きく振れたゼロ金利は、15%以上の高金利まで大きく振れてから元に戻る)
このような過去の経緯から、現在「変動金利」で住宅ローンを借りている場合には「固定金利」で早急に借り換えるべきだと考えます。
又「固定金利」にする意味は住宅ローンの返済だけでなく
人生の3大資金である「教育資金」「老後資金」の準備にも大きな影響を与えます。

これらの問題にどのように対処したらよいかは、住宅購入診断士の資格を持つ「おうちの買い方相談室つくば店」のファイナンシャルプランナーに是非ご相談下さい。

茨城県内に住宅購入を検討されている方ならどなたでも無料でご相談頂けます。【オンライン相談対応】

この記事を読んだ人は、こちらの記事にも興味を持っています。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP