ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagram

COLUMN

  1. 住宅購入の目的を明確にする

    ⇒何のために住宅を購入しようと決意したのか

    ⇒その目的によって、土地や戸建、マンションの選択が決まる

  2. 「ライフプランシミュレーション」を行う

    ⇒現在の仕事や転職、出産や育児などにより今後の収入の推移や教育資金、老後資金の準備について知る必要がある

    ⇒金融機関や住宅メーカーなどでは「借入可能額」は教えてくれるが、それは「返済可能額」ではない

  3. 住宅購入で土地を購入する場合は「建物」から検討する

    ⇒「何のために住宅を購入するか」にも関係するが、希望の住まいのイメージを実現するのは「土地」ではなく「建物」です

    ⇒住宅購入予算は決まっている為、予算の調整は「土地」で行う

  4. 住宅購入は「購入金額」ではなく「支払い総額」で検討する

    ⇒住宅購入は、ほとんどの場合「住宅ローン」を組みますが、「ローン」の組み方で「支払総額」が大きく変わります

    ⇒「頭金」の資金があっても、あえて「住宅ローン」の借入を増やした場合の方がメリットを得ることがある

  5. 住宅の購入後の「売却価格」をチェックする

    ⇒「住宅価格」は購入した時から建物の経年劣化によりその「資産価値」が下がっていき、ローンの支払いを終えた時には「土地の価値しかない」と言われることが多い

    ⇒「住宅ローン破綻」を避けるためにも、毎年自らの「住宅」の売却価格を知ることにより、その価格が「住宅ローン残高」を上回っているのかをチェックする必要がある

    ⇒少なくとも「売却価格」と「金融資産」の合計で「住宅ローンの残高」を上回る準備が必要になる

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP