ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagramYouTube

COLUMN

世界的なコロナウイルス感染の拡大で、その経済活動が大きく制約を受けている中、アメリカの主要株式指数が最高値を更新し日本の日経平均も29,000円に迫る勢いで上昇しております。
又、世界の不動産価格の値上がりや暗号通貨のビットコインの価格も年末年始に急騰して一時430万円まで上昇しました。
このような状況は「資産インフレ」になっていると考えられます。
その原因として世界各国政府のコロナ対策による財政出動での金余りがこれらの「資産」に向かっているということは、将来の「現金」(=法定通貨)そのものに対する信認が揺らぎ、日本においては「円」の価値が下がることを懸念して「資産」である「株式」や「不動産」を購入しているともいえます。
「円」の価値が下がった場合(=円安)には、輸入物価は上昇しインフレ抑制の為に、日銀は金利を大幅に引上げる必要が出てきます。
これは、政府の多額の債務残高にも大きな影響を与えて一段の「円安」と「物価上昇」を招くことが予想されます。
一方、住宅ローン金利の選択で約7割から8割の方が変動金利を選択していると言われております。このような経済状況になれば、変動金利の水準は一気に急上昇する可能性があります。
現在では、「金利」が急騰するような兆候は見えておりませんが、固定金利に切り替えるタイミングがあれば是非変更することをお勧めします。
今後の「金利」の動向などについて迷われている方やその対策を検討したい方は、住宅購入診断士の資格を持ったファイナンシャルプランナーに相談して下さい。

この記事を読んだ人は、こちらの記事にも興味を持っています。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • リフォームをしたいが良いリフォーム会社を知らない
  • 自分たちには新築マンションと中古マンションのどちらが適切か
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP