ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagramYouTube

COLUMN

住宅購入に対する考え方が一変するかも知れません。
2020年10月12日の日経電子版によると、毎月の住宅ローンの返済額を軽減する「住宅ローンの開発」を国土交通省が検討を始めたとの報道がありました。
それは、「住宅購入時の借入額と将来的な住宅価値の差額のみを返済する」もので「残額設定型」ローンという画期的なものです。
この仕組みは、例えば当初の住宅ローンの借入額が4,000万円で、その将来の住宅価値が3,000万円だとすると、その差額である1,000万円を毎月返済すればよいことになります。
この国土交通省の検討チームに2021年度から民間金融機関が参加する予定になっております。
この住宅ローンの返済の軽減策には、将来の住宅価値を誰がどの時点どのように判断するのか、返済途中に住宅が全壊・半壊などした場合の価値の評価をどうするのか、など様々な課題があることも事実です。
しかしながら、人生の3大資金のひとつである「住宅資金」の返済に対しての朗報であることは間違いなく、これから住宅購入を検討されている方は、この制度が導入される可能性も念頭に置くことが大切です。
又他の3大資金である「教育資金」「老後資金」の準備と併せて今後の人生設計をしていくかを住宅購入カウンセラーの資格を持つファイナンシャルプランナーに是非ご相談下さい。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP