ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagram

COLUMN

最近のコロナ禍により影響で、収入の減少や解雇になる等の状況を見て「住宅ローンの返済」の不安に関する相談を受けます。
金融機関における「住宅ローン」救済策もありますが、将来を見据えた場合には基本的な解決策にはならないのも事実です。
これまでの日本の低金利政策により、「住宅ローン」もしやすくなり、この低金利を前提に「住宅ローン」を安易に組むケースも散見されました。
「住宅ローン破綻」は最も回避しなければならない事態であることは言うまでもありません。
「住宅ローン」でマイホームを購入する場合と一生「賃貸」で住み続けることの比較を単に「経済合理性」だけでするのは意味のないことだと思います。そのどちらにしても、限りある自らの人生、マイホームを家族との「思い出を作る宝石箱」と考えるか、賃貸で「単なる居住空間」と考えるかの人生観・価値観の問題だと思います。
賃貸派の方は「ライフスタイルに合わせた住替えが出来、リスクが少ない」という考え方だと思います。
その考え方も一理あります。しかし果たして賃貸で自分の希望するような物件があるのかと、仮にあったとしてその家賃を支払えるのかというふたつの問題があります。
賃貸も当然「家賃」はかかります。
マイホームを購入する場合の基本は「ライフプランシミュレーション」で様々な可能性を考慮し、無理のない返済計画を立てることが重要です。
「人生」は一度です。

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP