ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagram

COLUMN

コロナ禍により、自宅で過ごす時間が大幅に増加したことなどにより住宅購入を検討される方のご相談が急増しております。
又、住宅ローン金利の歴史的な低水準や住宅ローン控除制度などの国の後押しもあり経済的な購入環境も良いと言えるでしょう。
しかし一方では、終身雇用・年功序列の崩壊による生活の不安定や少子高齢化による増税や社会保険料の負担増により手取り収入もあまり増えず、会社員の優遇税制が適用される退職金制度も廃止されたりやその支給額も年々減少してきております。
このような状況の中で、住宅ローンを組む場合には確りとした「ライフプランシミュレーション」を行い、住宅ローン破綻だけはしない無理のない資金計画を立てる必要があることは言うまでもありません。
しかし、万全の対策を取っていたとしても人生において予想外の出来事が起こるリスクはゼロではありません。
万が一そうした場面に遭遇した際に、購入した住宅が「資産」なのか「財産」なのかによってその後の人生は大きく変わります。
「資産」と「財産」の違いは、資産は「住宅」をもし売却した時に「収益」「利益」をもたらします。
つまり、何らかの事情で「住宅」を売却しなければならない時に、
その「売却価格」が「住宅ローン残高」を上回っているかがとても重要です。
住宅購入は、その当初の「購入価格」だけに目が行きがちですが、実は常に「住宅ローン残高」を上回る「売却価格」を持つ「住宅」を購入できるかどうかが経済的観点からは最も重要です。
どのような「住宅」を購入したら良いのか、住宅ローン破綻しない為にはどのような対策をとれば良いのかなどは、住宅購入診断士の資格を持つファイナンシャルプランナーに是非ご相談下さい。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP