ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagramYouTube

COLUMN

住宅ローン金利の水準は史上最低水準で推移しています。
2021年3月のフラット35の基準金利は1.61%です。
今後の金利水準については、コロナ禍の中の世界及び国内の経済状況によって左右されることは言うまでもありません。
米国では、最近の長期金利の上昇により、株式市場に大きな影響を
与えて大幅な調整局面を迎えました(2月25日と26日の2日間でニューヨーク市場は約3.3%下落しました)
世界各国のコロナ禍の感染対策として、巨額の財政出動により景気の底割れを防ぐ以上に景気が過熱する懸念さえもたれております。
又、日本国内の問題として政府の債務残高が名目GDP比で200%以上に膨らみ、戦後最悪でこの対策も急務になっています。
過去の同様の債務残高の削減策として、政府はハイパーインフレ策によりその債務を削減しました。
(1944年から1950年の間で卸売物価は約120倍になりました:統計のある日銀の1966年1月1日の長期プライムレートは8.4%)
このような状況の場合の変動金利の水準はどうなるでしょうか?(フラット35の過去の最高の金利は8.5%になっています)
よって、住宅ローンを変動金利で借りている場合にはこのような事態の対策が絶対に必要です。
ハイパーインフレで物価が急騰している時には為替水準は大幅な「円安」になっていることが予測されます。
その対策としては事前に「外貨資産」を保有しておけば、それを外貨から円に変換することで、円資産としての劣化を防ぐことが出来ます。
そしてその外貨資産を利用することで住宅ローンの残高を削減することも可能です。
具体的にどのような「外貨資産」で準備するのが良いのかは、それぞれの年齢や家族構成、年収、資産状況などによって変わります。
住宅ローンにおいて金利の選択は非常に重要です。
住宅購入診断士の資格を持つファイナンシャルプランナーに是非相談してください。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • リフォームをしたいが良いリフォーム会社を知らない
  • 自分たちには新築マンションと中古マンションのどちらが適切か
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP