ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagram

COLUMN

住宅購入を検討する場合、「土地と建物を選ぶ」場合と「土地は既にあり建物のみを選ぶ」場合の2通りがあります。
今回は、「土地と建物を選ぶ」場合の気を付けなければいけないポイントについてお話します。
それは、住宅購入予算を知る前に、良い土地が見つかったからといって先行して購入してしまうことです。
住宅購入の第一歩は、その予算を知り、希望する建物(=住宅)のイメージや建設費用などを確認・計算した上で、土地にかけられる予算が決まります。それを知らずに土地を先行して購入してしまうと、予算の調整は建物(=住宅)で行わざるを得なくなります。
その結果、本来自分たちが望んでいた家とは似ても似つかない家になってしまい、「こんな家なら何も購入しなくてもよかったのではないか」という最悪の結果になってしまいます。
これは、住宅購入の手順を間違えた典型的な失敗例のひとつです。
現在の年収や家族構成、職業(定年や退職金の有無など)、ライフスタイル(車、趣味、旅行など)を参考に「ライフプランシミュレーション」を行い、教育資金や老後資金の確保も考慮した住宅予算を計算する必要があります。
そして住宅予算が決まった以上は、その予算の調整は「土地代」でするようにお勧めしています。
勿論、「土地」の選定を最優先にすることは否定致しません。
しかし住宅という「快適な居住空間の確保」の視点からは、後悔したという多くのお客様の声を耳にします。
住宅は「一生に一度の買い物」と言われております。
その大切な買い物について失敗しないためにも、住宅購入診断士の資格を持つファイナンシャルプランナーに是非相談してください。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP