ファイナンシャル
プランナー(FP)コラム

facebookinstagramYouTube

COLUMN

住宅を「購入」すべきか「賃貸」にするべきかの立場の違いは常に議論になるところです。
どちらが「良い・悪い」の問題ではなく「人生観」「価値観」の違いであること言うまでもありません。
又「賃貸派」の主な主張である
「ライフスタイルに合わせて住居を選択できる」
「住宅ローンという多額の借金を背負うリスクがある」
との主張には一理あると思います。
しかし、この主張には見落とされている前提条件や問題点があることを忘れてはいけません。
まず、「ライフスタイルに合わせて住居を選択できる」為には、それを実現する為の「資力」(=お金)が必要になります。
いくらライフスタイルに合わせようにも、先立つものがなければ一定の条件下で借りることのできる住居は自ずと限られます。
又、「賃貸」が故のリスクもあります。
働き盛りの一家の大黒柱にもし万が一があった場合、住宅ローンを組んでいる状況と違い、それ以降の住居費がゼロになることはなく、生活費と併せて住居費を一生負担する事になります。
「賃貸派」で、もし「住宅購入したい」と気が変わった場合には住宅ローンを組むことなく、「いつでも自分の好きな時に希望の住宅を購入できる」資力・財力がある前提であれば正にそれは「人生観」「価値観」の違いといえます。
住宅を「家族の生活の場として子供の成長の為に購入したい」と考え、住宅ローンを組んで購入する場合には、会社員では定年時期や返済期間などを考えると、住宅購入する時期は当然限定されます。
その上で、購入のタイミングを逃した結果が「賃貸」にしか住めない状況だけは避けたいものです。
現在の自らの置かれている環境下で、
「住宅を購入した方が良いのか」
「いくらぐらいの購入予算が妥当なのか」
「教育資金や老後資金は確保できるのか」など
といった課題について住宅購入診断士の資格を持つファイナンシャルプランナーに是非相談して下さい。

ファイナンシャルプランナー(FP)による住宅購入・住宅ローン無料相談予約 受付中です。

下記のようなお悩みがありましたら、お気軽にご相談下さい。

  • 中立の立場の専門家(ファイナンシャルプランナー・FP)に相談したい
  • 初めての住宅購入の際、まず何をすればよいのか分からない
  • たくさんある住宅会社の中からどんな基準で選ぶの?
  • 住宅展示場に行くと営業マンに売り込まれそうで怖い
  • 住宅ローンはいくらまでなら借りても良いのか不安がある
  • 金融機関以外で住宅ローン借り換えの相談をしたい
  • リフォームをしたいが良いリフォーム会社を知らない
  • 自分たちには新築マンションと中古マンションのどちらが適切か
  • お家の建築費以外にかかる費用の詳細が知りたい
  • 自分の理想のお家を建ててくれる住宅会社が見つからない

無料相談予約はこちら

ファイナンシャルプランナー(FP)コラム 一覧

PAGETOP